スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

India 91 ラッパーを探せ!

India 91はオーディションの際に流れるラップ。古典音楽の打楽器のリズムに、ヒンディー、マラーティー、グジャラーティー、パンジャービーの4つの言語でラップが繰り広げられ、北インドがギュッと詰まった一曲となっている。

91はインドの国番号を示す。国際電話をかけるときに必要な頭番号だ。

本来ならば歌詞を訳したかったのだが、私はヒンディーしかわからないのでそこは置いといて、今回の記事は、このMVに登場するラッパー達が誰なのか?を探す企画!

次なるGully Boyがこの中にいるはず!


ガリーボーイ本編にも多くの現役ラッパーがカメオ出演していて、リアルなストリート・ヒップホップを演出している。ゾーヤー・アクタル監督によるとその数40人とのこと!

早速MVを確認していきます!

(公式MVのリンクを貼っていますが、MC ALTAFの部分がカットされているので注意)


〜India 91 ラッパーを探せ!〜

1. Dee MC 

唯一の女性ラッパーとして参加。Gully Boyの企画MV "Voice of the Streets"でもラップを披露している。

(instagram: https://instagram.com/deepa_deemc?igshid=1m6lnkgomz364


2. Suzit Swami

Collin DsouzaらとRapsoulzzzというユニットを組んでいる。

(instagram: https://instagram.com/sweezy_xyz_rapsoulzzz?igshid=1hfmqfmz75hkt

3.Yoku BIG (Yogesh Kurme)

4. Rahul Piske

Paul SebhastinとDogzmusicというユニットを組んでいる。(instagram: https://instagram.com/dogz.music?igshid=tuabl14dsrsq

5. Collin Dsouza

(instagram: https://instagram.com/colleyd42o_rapsoulzzz?igshid=1a4wsqn9ou4ia

6. Paul Sebhastin

7. Devil the Rhymer

Divine率いるGully Gangのメンバーたち。

下記の4人はAAVRUTTIというユニットで活動中。

8.  Sledge

9.  FRENZZY

10. Sammohit

彼はたぶんGully Gangのロゴ入りバンダナを巻いている。

11. Saifan

(instagram: https://instagram.com/gullygangindia?igshid=el2oo3r3izv0

Gully Gangのサイファー(フリースタイルのラップ)MVを紹介。


12. MC Checkmate(Chaitnya Sharma)

なぜか阪神タイガースのユニフォームを着てる彼。演技のうまいラッパーだと思ったら俳優だった。ラッパー、Slowcheetaとしても最近活動している。MC Checkmateは役名。

(instagram: https://instagram.com/_slowcheeta_?igshid=1bs7sd8yh5stn


このSlowcheeta、Asli Hip Hopの作者のSpitfire、劇中にも登場したKaam Bhariは、Ranveer Singhらが立ち上げたレーベル、Incinkrecordsに所属している。

(instagram: https://instagram.com/incinkrecords?igshid=1o8qd9v8po18c

SpitfireのVoice of the Streetsはこちら。


Kaam BhariのVoice of the Streetsはこちら。



12. Shah Rule

Gully Gangの一員。演技が上手くて、ラップのうまい俳優かと思ったらラッパーだった。

映画ではイマイチな描かれ方だが、インスタの写真の方がカッコいい。というか、映画で披露している低い声よりも実は高めのボイスでラップしてるのがめちゃめちゃ美声なのを知って欲しい。前述したGully Gangのサイファー集の後半で美声が聞けるのでぜひ。

(instagram: https://instagram.com/shahrulemusic?igshid=6i93oxjen1xg


劇中ではムラードのライバル役だったこの二人のコラボソングが実はYouTubeにあります!



13. MC ALTAF

ダラヴィのヒップホップグループ、Enimiezの一員。ヒンディー語ラップ。映画で採用されてるシーン。

(instagram: https://instagram.com/mc_altaf_?igshid=1odeq0oyv4s3j

MC AltafのVoice of the Streetsはこちら。


14. 100 RBH

Swadesiのレペゼン。Swadesiはラップ、ビートメーカー、グラフィティーアーティストが所属。この部分のラップはマラーティー語。

(instagram: https://instagram.com/swadesimovement?igshid=1ob236ge70roa


7Bantai'Zというユニット。同級生で集まり結成された。チームプレーを駆使したラップを披露している!

(左から)

15. Crackpot (Aditya Vhatkar) 

16. Lil Damn (Siddesh Jammi) 

17. Yoku BIG (Yogesh Kurme) 

18. Naddy (Nitesh Patel) 

19. N square (Nishant Mohite) 

20. Mr Scam ( David Klyton)

(instagram: https://instagram.com/7bantaiz?igshid=xc6e6mo3x7jm

7Bantai'Zは先日Kitaab(本)という新曲をリリースしたばかり。この曲はのちに出てくるStony Pscycoが監督。



21. KR$NA

グルガオンを拠点としたラッパー。Voice of the Streetsに参加。

MCシェールと廃ビルでラップバトルしてた人がKR$NAですね。だからシェールがラップの中でおれはアルジュナだとマハーバーラタネタをぶっ込んできたわけですな!なるほど!ラップの中でも神話が生きてる

(instagram: https://instagram.com/realkrsna?igshid=11fxb03ehvyhe



22. MAHARYA

ヒンディーラップ。ベンガル語でもラップするらしい。

(instagram: https://instagram.com/maharyamusic?igshid=6uyumlyu9eey


左の3人はDopeadeliczとしてユニットを組んでいて、タミル映画Kaalaに出演。同映画でラップを多く披露しています!

23. Stony Pscyco (Tony Sebastian)

(instagram: https://instagram.com/stony_psyko?igshid=1vtoguvkr621

24. Karan Amin

(instagram: https://instagram.com/dopeadelic_knine?igshid=egyl7rdib7ny

25. Dope Daddy  (Rajesh Radhakrishnan) 

(instagram: https://instagram.com/dopeadelicz_dopedaddy?igshid=19mj0l6xeywq0

26. ???

(この人だけ最後まで分かりませんでした!情報求ム)

★このシーンの背景がIndia 91と同じく"91"を背景にしていることにも注目!

27. MC Tod Fod

このパートはグジャラーティーラップ。彼もSwadesiの一員。

(instagram: https://instagram.com/todfod_?igshid=rvqft1wz8mqq


28. Brodha V

タミル生まれでヒンディー、タミル、テルグ映画にも楽曲参加。Chennai ExpressのReady Steady Po! など。

(instagram: https://instagram.com/brodhav?igshid=r0hdystql13v


29. MC NOXIOUS D

パンジャービー語ラップ。ムンバイを拠点としたElsewhereというレーベルに所属している。

(instagram: https://instagram.com/noxioushiphop?igshid=4rvpod4f3m0m


今回調査をしてみてわかったが、ラッパーのほとんどはinstagramアカウントを持っていた。

情報発信ツールの活用度は instagram >Facebook(更新ムラあり) >>Twitter >>>>ウェブサイトといった体感。インドのラッパー情報を追いかけるには、instagramでフォローするのがおススメ。


軽刈田凡平さん、Hirokoさんラッパー捜索のご協力ありがとうございました!

スポンサーサイト

コメント